赤ちゃん休憩室は「ママの安心」と「みんなの優しさ」で満ちています。

私たちが大切にしているのは
「赤ちゃん連れのママのお出かけが楽しいかどうか」

その象徴でもある
「赤ちゃん休憩室」を今回も準備しています。
(信毎メディアガーデン3Fスタジオ)


オムツ替えスペースに、授乳室を準備。
赤ちゃんがハイハイできるようなスペースも。
ゴミ箱も準備しておくので
荷物になる使用済みのオムツは捨てて行ってくださいね。

更に、
松本市の「出張子ども子育て安心ルーム」と
穂助産院さんの「相談ブース」を特別設置。

「出張子ども子育て安心ルーム」では
各プラザの子育てコンシェルジュ、
本庁健康づくり課の母子保健コーディネーター(保健師)、保育課の保育コンシェルジュの5人が様々な悩みをお聞きし、関係機関と連携して、より良い解決策を一緒に考えてくれます。

ちなみに・・・
※子ども子育て安心ルームとは
妊娠、出産から子育て期の皆さんの様々なご相談にお答えするため、
こどもプラザ3か所(筑摩、小宮、南郷 H31.4~波田にも設置予定)に設置されています。
詳しくはこちらを参考に

 

穂助産院さんの相談ブースでは、産前産後のママの体のことから、赤ちゃんの心配事までなんでも相談ができます。
昔からの日本の身体文化の考え方と方法を取り入れ妊娠~産後・育児期の女性やお子さんに、
・骨盤ケアを含む身体の調整(妊産婦整体)
・乳房ケア
・乳幼児整体とセルフケア

などママに嬉しい情報を提供されています。
穂助産院HPはこちら

 

 

市民祭に来る赤ちゃん連れのママの
「ベースキャンプ」になれたらいいな。
そう思ってます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です